ハワイのホテル宿泊記|コートヤード・ワイキキビーチ – Courtyard by Mariott

こんにちは。代表の銀河( ginga_noguchi )です。

ハワイ旅では8泊9日で色々なホテルを泊まり歩きました。まずは1泊目に泊まったワイキキビーチのコートヤード by マリオットをご紹介します。

ハワイのホテル宿泊記|コートヤード・ワイキキビーチ

ルームカテゴリー

  • 1ベッドルームペントハウススイート
  • コーナースイート
  • ジュニアスイート
  • デラックス
  • 1ベッドルームスイート
  • デラックスダブル Check
  • デラックス
  • スタンダードコージースタジオ

宿泊料金

部屋タイプデラックスダブル
宿泊プラン通常
宿泊料金173.82 USD(税・手数料込)
Marriott公式サイト詳細を見る

マリオット系列のホテルはベストレート保証をしている公式サイトからの予約が1番です。SPGアメックスカードを使用してポイントと実績を貯めましょう。

コートヤード・ワイキキビーチのルームツアー

ベッドルーム

正直、これと言った特徴のない普通の部屋です。

キッチン

設備はケトル、コーヒーメーカー、シンク、冷蔵庫、電子レンジ。コンロはありません。

出がけに持っていける紙カップ仕様は微妙に嬉しい。

バルコニー・ベランダ

バルコニーもそんなに広くはないです。

高層階ではありますが、シティビューで抜け間はイマイチかな。

眼下にはプール。

バスルーム・トイレ

入ってすぐ右手に洗面所、左奥にトイレ、右奥にシャワーです。

ウォシュレットは無し。

ちょっと驚きだったのはユニットバスでもなくてシャワーのみだったこと。

マリオット系列のホテルとしてはちょっと微妙かも

1日目で時差もあるし、長旅だし疲れてるだろうからということで、ワイキキのマリオットグループとしては安めのホテルを選択しましたが、正直イマイチでした。同じような価格帯ならプリンセス・カイウラニの方が圧倒的に満足度高かったです。

ホテル選びにはSPGアメックスカードを駆使しよう

ハワイへの往復航空券、リッツカールトンやモアナサーフライダーといった高級ホテル宿泊を可能にしたのはマイルとホテルポイント。貯まったポイントをマイルにもホテル代にも充てられるSPGカードは旅の必須アイテムです。

年会費は34,100円と高額ですが、実質無期限でためられるポイントはANAマイルにもJALマイルにも等価で交換可能。高級ホテルグループマリオットの宿泊にも充てられますし、2年目以降は更新の度になんとホテル1泊無料特典までついています。

カード申込の際は公式サイトよりも、紹介からの方が特典がお得です。紹介をご希望の方は僕のTwitterInstagramからお気軽にDMください。

この記事を書いた人

野口 銀河

Web制作会社と加工食品会社の代表取締役|「Webと飲食で地方創生」がビジネスコンセプト|元DJ・元バーテンダー・元高級レストランオーナー支配人|酒・音楽・ガジェット・旅行・古民家暮らし・スーツ好き|猫も好き|ハゲだけどとてもダンディです|YouTubeもやってます