こんにちは。代表の銀河( ginga_noguchi )です。

日本時間の2021年10月19日2時、Apple Eventが開催され、新たなApple MusicサービスやHomePod mini、AirPods3などが発表されました。ですが今回の目玉はやはりMacBook ProとM1のハイエンド新型チップ。

1時間程度であっという間に終わってしまいましたが、かなりの浪漫だったのでまとめていきます。

Appleの新チップ「M1 Pro」と「M1 Max」の新機能・違い

M1 ProM1 Max
チップ
メモリ性能最大200GB/s
M1の約3倍高速
最大400GB/s
M1 Proの2倍・M1の6倍高速
メモリ最大32GBユニファイドメモリ最大64GBユニファイドメモリ
CPU最大10コア
(高性能コア8・高効率コア2)
M1より最大70%速度アップ
最大10コア
(高性能コア8・高効率コア2)
M1より最大70%速度アップ
GPU最大16コア
M1の2倍高速
最大32コア
M1 Proの2倍・M1の4倍高速
外部モニター出力2台の6K外部ディスプレイ3台の6K外部ディスプレイと
1台の4K外部ディスプレイ

MacBook Proの14インチと16インチの違い

14インチ16インチ
価格239,800円 〜299,800円 〜
重さ1.6kg2.1kg(Pro)
2.2kg(Max)
ストレージ512GB
1TB
2TB
4TB
8TB
1TB
2TB
4TB
8TB
バッテリー最大11時間のインターネット最大14時間のインターネット
電源アダプタ67W USB-C
96W USB-C(CPU10コア)
140W USB-C

14インチと16インチで共通の機能

  • Liquid Retina XDRディスプレイ
  • 3,024 x 1,964、254ppi
  • ProMotionテクノロジーによる最大120Hzのアダプティブリフレッシュレート
  • スペースグレートシルバーの2色展開
  • SDXCカードスロット
  • HDMIポート
  • 3.5mmヘッドフォンジャック
  • MagSafeポート
  • 3つのThunderbolt 4(USB-C)ポート

14インチM1 MaxのMacBook Proを購入

僕はカフェなど外部で仕事をすることはほとんどなく、基本は事務所で外部ディスプレイに接続してクラムシェルモードで使うタイプなので大きさは迷わず14インチを選択。多画面のマルチモニター環境に浪漫と生産性を感じるので最大4画面出力できるM1 Proを選択しました。

  • 10コアCPU・24コアGPU
  • 32GBメモリ
  • ストレージは1TB

お値段は36万5,800円也。高額ではありますが、スペックと浪漫の割には想像していたより安く済みました。

配送は最速で10月26日らしいですが、速攻で頼んだのに11月3日到着予定とのこと。

この記事を書いた人

野口 銀河

Web制作会社と加工食品会社の代表取締役|「Webと飲食で地方創生」がビジネスコンセプト|元DJ・元バーテンダー・元高級レストランオーナー支配人|酒・音楽・ガジェット・旅行・古民家暮らし・スーツ好き|猫も好き|ハゲだけどとてもダンディです|YouTubeもやってます